就職活動を進めていると、せっかくもらった内定でも、どこか一つを残して辞退せざるをえないことになります。

限られた期間内で就職活動をするために、内定が複数出てしまうということがあります。

しかし就職できるのは一つの会社だけなので、他の内定は辞退しなければなりません。

いくつかの内定をもらったら、最終的に勤めたい企業がどこかを決めることになります。

よく考えた上で、自分はどの職場で働きたいかを決めることが、今後の将来の行方を左右します。

納得のいく仕事でなければ長く続けることが出来なくなり、早晩再び就職活動をすることになっていまいます。

後日、やっぱりこの会社は嫌だと思うような決め方をしては、就職活動がうまくいったとはいえません。

それでは、仮に内定辞退をすることになったら、企業に対してどういった態度で話を切り出すといいものでしょう。

内定を辞退するには、電話でする方法の他にもメールで断ることも出来ますが、出来るだけ電話で伝えるようにした方が誠意が伝わります。

電話をする際は、内定を辞退したいということだ伝え、その理由は伏せても問題ありません。

もしも企業サイドから問われたら、差し障りのない範囲で丁寧に答えましょう。

後日、内定辞退のお詫び状を送付することが、一般的なマナーです。

内定辞退のお侘び状は、日にちを空けて送るのではなく、辞退の電話をした後すぐに送るようにした方が良いでしょう。秋田駅のアコム有人店舗