Author Archive

看護師の職場というとまず頭に思い浮かんでくるのが総合病院などの大きな病院での勤務です。看護師という職業は女性が多い職場なのですが一般的なOLと比べると給与面で恵まれているという特徴があります。しかし、これは基本給が高いということが一概に言えるというわけではありません。手当が多いのです。 (さらに…)

転職する理由で最も多いのは何なのか、気になりますよね。色々調べてみると、興味深い記事が見つかりました。それは退職理由に関するクチコミのキーワードを抽出し、分類したという記事です。 (さらに…)

高齢のナースでも転職先は豊富なので、決して諦める必要はありません。 (さらに…)

転職にあたり転職先企業の情報は不可欠です。ハローワークなどの求人票には基本的な応募条件や雇用体系、勤務時間、基本給、休日日数などが記載されています。ただしこれだけでは社風や仕事内容が曖昧でよくわからないといったことがよくあると思います。求人票だけで自分に合わないと判断してしまうのは早計です。もしかしたら自分の理想にピッタリ、もしくはそれに近い企業かもしれないのです。では企業の情報の集め方はどうすればよいのでしょうか、応募先の企業が募集を締め切ってしまう前に迅速な対応が必要です。まずはホームページを閲覧することです。社風や業務体系、今現在力を入れているものなどが掲載されていますし、社員の体験談なども見ることができたりするので一度はチェックが必要です。また同じインターネット上では新聞社のwebサイトで企業名を検索し、関連記事を見ることも可能です。インターネットでの情報収集が難しい方は企業へ連絡しパンフレットや取り扱っている製品カタログを送ってもらうこともできます。経営状態などの数字を確認したい方は会社四季報などで上場企業であれば確認できます。情報の数が転職の成功を左右かもしれません。

転職をするのであれば、昔なら転職者向けの雑誌などを参考にして仕事を探したものですが現在の主流はネットで探すということになっています。それも転職サイトというものが存在していますので、殆どの人の場合がそうしたサイトを利用しているというのが一般的となっているようです。実際に転職サイトを利用してみようと思うと数多くのサイトが存在しているので面食らうかもしれません。どの転職サイトを利用したら良いのか迷ってしまうかもしれません。転職サイトを利用するのであれば情報の偏りを避けるためにも複数の転職サイトに登録をしたほうが良いと言われています。実際に転職サイトを利用した人の意見で目立つのはただ単に情報を羅列しているだけの転職サイトを利用するのではなく、最初から最後まで親身になって対応をしてくれるようなサイトを利用するべきだということに気が付きます。現在の会社をやめる方法やタイミング、転職活動の進め方などを手とり足取り指導してくれるようなサイトも有るのです。転職サイトを上手に利用すればかなりの部分をエージェントに任せて動くことができるようですので非常に便利なのです。

世の中には転職を検討してみたことがある人は、それこそ星の数ほどいることでしょう。そんな中でも実際に転職を行う人はそのうちの何割かだけです。会社が倒産したなど事情があって仕方なく転職をしたという人もいますが、希望をして転職をしていった人でも成功したといえる人、失敗してしまった人など色々です。転職経験談を集めてみると一定の傾向がわかってきます。転職を行う年齢はやはり30代半ばまでが一番多いということ、最初の就職に関してはなんとなく就職してしまったという人が多いこと、若い年齢での転職は異業種への転職でもほぼゼロからのスタートを切ることができるので成功しやすいということ、ある程度の年齢になると経験者でないと転職しにくいのと、なかかゼロからのスタートはプライドが邪魔したりして成功しづらいということ、転職をするのなら現在の条件よりも絶対に良い場合にしか成功しにくいということ、家族がいる場合は家族の意見も尊重しなくてはいけないということなどです。転職に成功するためには落ち着いて感情に流されずに将来設計をして考えるべきだということが言えそうです。

40代での転職ということになりますと、一般的にはかなり厳しいと考えておいたほうが良いでしょう。年齢的には転職には遅すぎる感もありますし、転職をするにしてもかなり絞りこまれてしまうということを覚悟しておかなくてはいけません。40代での転職となると自分自身のキャリアをいかにして活かすかということになります。この年令からまったく畑違いの職場に転職をするというのはかなり厳しいですし無理もあるのです。実際にそのような求人自体もほとんどないと思っておいたほうが良いでしょう。一つは上手にキャリアを活かしてコネクションなどで転職をするという方法もあります。それ以外ならキャリコンサルタントなどが付いている転職サイトに登録するなどして活動をすると良いのではないかと思われます。いずれにしても若い時と違って転職先や業種は限られてくるでしょう。今までの生活もあるし子供のこともあるでしょうから、間違っても待遇面で今よりも下がってしまうような転職を行わないということを心がけなくてはいけません。慎重にかつ計画性を持って転職を進めて行くことが大切なのです。