Archive for the 転職基礎知識 Category

転職する理由で最も多いのは何なのか、気になりますよね。色々調べてみると、興味深い記事が見つかりました。それは退職理由に関するクチコミのキーワードを抽出し、分類したという記事です。 (さらに…)

人間関係の中には患者との関係もあります。それは看護師、薬剤師、医師、すべてに共通することだと思います。

患者は専門知識を持っていない人がほとんどです。そして中には自分の満足できない回答が返ってくるといちゃもんを付ける人もいます。 (さらに…)

仕事を辞める時は、人によって色々です。結婚や、キャリアアップや、地元に帰るなど。一般的な退職時期とはいつでしょう。昔から、日本では終身雇用制度が一般的でした。始めて勤め始めた会社で、定年までいることは、ごく普通のことでした。そんな日本でも転職が一般的な現象になりつつある今は、仕事を辞めるハードル自体は以前に比べてだいぶ下がりました。 (さらに…)

余裕のない気持ちで転職活動をすると、目先のことにとらわれて、年収よりも採用されることを優先して仕事を選んでしまうこともあります。
その結果、以前よりも年収が低くなることも多いです。
それでは、一体 (さらに…)

高齢のナースでも転職先は豊富なので、決して諦める必要はありません。 (さらに…)

看護師さんの転職はわりと多いですがそれでもあまり転職回数が多いと不利にならないか心配という方も多いと思いますが、まだまだ人手不足という面はあるから他のお仕事に比べるとわりと不利になりにくいようです。

短期間に何度も繰り返しているとか、短期間に辞めているのが続いていると不利になることもありますが、そこまでなければわりと心配なくなっています。

それでも心配なときには看護師さんの転職支援のサービスを利用するのがおすすめです。そこでならお仕事の紹介はもちろんですが、 (さらに…)

転職にあたり転職先企業の情報は不可欠です。ハローワークなどの求人票には基本的な応募条件や雇用体系、勤務時間、基本給、休日日数などが記載されています。ただしこれだけでは社風や仕事内容が曖昧でよくわからないといったことがよくあると思います。求人票だけで自分に合わないと判断してしまうのは早計です。もしかしたら自分の理想にピッタリ、もしくはそれに近い企業かもしれないのです。では企業の情報の集め方はどうすればよいのでしょうか、応募先の企業が募集を締め切ってしまう前に迅速な対応が必要です。まずはホームページを閲覧することです。社風や業務体系、今現在力を入れているものなどが掲載されていますし、社員の体験談なども見ることができたりするので一度はチェックが必要です。また同じインターネット上では新聞社のwebサイトで企業名を検索し、関連記事を見ることも可能です。インターネットでの情報収集が難しい方は企業へ連絡しパンフレットや取り扱っている製品カタログを送ってもらうこともできます。経営状態などの数字を確認したい方は会社四季報などで上場企業であれば確認できます。情報の数が転職の成功を左右かもしれません。

転職をする人は昔に比べ多くなってきたようです。昔であれば、一度就職した会社には、基本的に骨をうずめるという考え方もありました。転職に対し世間の目も冷たかったのも背景としてはあるわけですが、現代は、このあたりががらりと変わっています。 (さらに…)

患者さんをストレッチャー、もしくは、車椅子を利用して運搬したり、ナースコールによって、一目散に医療機関にダッシュしたりするからでしょう。ナースの勤務先といえばホスピタルという印象がだれもが思うことでしょう。また、ナースの資格を活かせる職場は、医療機関以外にもそれはあることです。保健所で保健師とのチームワークで地域の住民の健康上の様々な対応をするのも看護師の役割です。

看護胃復職を支援

また、福祉施設には医師を確保しているところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。看護に携わる人の平均的な収入は、激務である割に、それほど高額ではないのが事実であるようです。常によりよい収入を支給してくれる勤務先を希望して転職に向けて活動している人がいます。お給料が良い医療機関は、当然、人気であまり枠があかないため、中には、看護師専用の転職支援サイトなどを使って、転職活動をしている人もいるようです。

看護職の人がジョブチェンジする動機としては、ステップアップと説明するのが良策です。

1.両立は大変です
子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが見つかると良いですね。
(さらに…)